コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

ストーリー動画

ツイッターでお世話になっている方が作られたショートストーリー動画にジルチェを使っていただきました^∀^
良い描写にセリフやら性格やらなにからイメージぴったりですごく嬉しいです。
晴香に接触したのは ~~で~~な理由なのかなと、私の方でも考えられる部分がありました。



ぜひぜひ



以下この動画を拝見して、この動画の内容に沿った設定をちょっと掘り下げてみました。
オリキャラ設定語りです。
中2です。
・人外になった経緯
身内を助けるため、自分から人外の力を得ようとした。
結果彼らを制御する、というわけではなく彼らの一部となってその力を"使わせてもらっている"という状態。


・人食とか人外なっちゃった悩みとかは
人外の力がなければ身内を助けられないし、そっちの方が重要だったので我慢我慢。
自分の身の上については(一応モヤモヤはしたものの)割と早い段階で受け入れた。

なので人外で悩んでる晴香の気持ちは実はよく分かってたんちゃうかなと思いました。
(すごい笑い飛ばしてましたけど)


・で。
結局身内は助けられず死亡。
その記憶の中にいたであろう、『人間の頃のジルチェ』も同時に消えてしまったと悟り、
自分はもう完璧人外だと割り切―開き直った。


・生命体について
生命をパクパク食べて、同化(共生)したり命の糧にして生きてる生き物。
共生する事になった生き物達は、身体は一体化してるけどそれぞれ自我や意識はある。
(ジルチェの技で出てくる異形たちもコレ。ジルチェと同じ身の上なのです。)


・見た目
本当は物凄く大きい。一撃の時にチラッと出てくるあれもごく一部分。


・頭の中
共生している生き物達の考えがバラバラだと埒が明かないので、物の考えについては自然と統一されているらしい。
だからボイコットしたり多重人格みたいなことにはならない。

ジルチェはそれをなんとなーく感じている。
「あれさっき○○したかったのに、今全然そんな気分じゃないなぁ なんでだろ」という感じ。


・お外
傍から見てるとジルチェが生命体を制御してるように見えるが、
生命体の方がジルチェを好きにさせてるという感じ。
何かの拍子にジルチェが引っ込んで全然違う者が表の顔になるという事も、いつかあるかもしれない。

「俺が死んでも~」とほざく中2セリフは↑の事を指してる


・命について
生命体は死なないし力も強いけど、でもそれ程度だよね。とも思っているので
色々なものを生み出す人間に対しては、実は尊敬の目で見ている。(ジルチェが上から目線の性格なだけ)

生命体は目的もなく、他の命を食べてダラダラ生きているものなので、
肉体が無くても人々の記憶の中で"生きている"人間(有名な画家とか音楽家とか)に関しては、すごい!とも思っているし何それ怖いとも思っている。

芸術家に対して畏まるのはそのため。

・命について2
肉体のある無しで生きている・死んでいると言うものの考えは興味が薄い。
なので人が死のうが死なせてしまおうがリアクションはあんまりない。

でも好き好んでわざわざ殺生することは無いし、生きる以外の目的で人を殺すタイプには内心引いている。

ジルチェ(生命体)が他者を攻撃するのは、単に怒ってたり、ちょっかいかけたい・食べたいという事だけ。
殺したいとかはあまり思ってない。殺すぞって言うけど言ってるだけ。




こんなのですが、どっちにしろ頭悪いしウザいし根性曲がってるので決して善側にはなれそうにありません。

はぁ かいたぞーーーーーーーーー すっきり

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
メニュー
プロフィール

路治

Author:路治
michiharu

mugen用オリジナル手書きキャラを
製作中です。
このブログでは製作状況等を
紹介しています。

Q.どんなキャラ?
A・うざキャラです。

最新コメント
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter...A

路治 < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。